ピザ屋 デリバリー

ピザ屋のデリバリーのバイト

業界世界2位のピザ屋

 

大手の宅配ピザ業界では2位と言われているピザ屋でアルバイトをしていました。

 

基本的に、店には店長と副店長の2人の社員がいて
凄くきちっとした店長だったので、棚卸や在庫管理はしっかりできていました。

 

ドリンクを盗んで飲んでしまうなんて軽い気持ちでやることは
決して許されない。1本でもしっかり管理していました。

 

その業界2位の直営店では、ピザを無料で食べれるなんて甘いことはできません。
店長の判断でミスして作ったピザを食べれる店もあるようですけど
基本は食べれることは一切ありません。

 

まずデリバリーをする人間は、道を覚えないと話になりません。
いかに効率よくピザを届けるかがすべてになります。

 

意外と奥が深いんですよ。

 

実は道を覚えるのは結構面白くて、ここを行くとあそこに抜けられるというような情報や
この道は、白バイの取り締まりが多いからなど、道路に関する情報を知れます。

 

これはデリバリーをするメリットだと思います。

 

お盆、クリスマス、年末年始、ゴールデンウィークという
人がお休みの時に、バイトに入らないといけません。

 

ここは、ピザ屋にとって最も重要なポイントになるので
面接の時にほぼ間違いなく聞かれると思います。

 

ピザ屋はデリバリーをしている人のイメージが強いかもしれませんが
電話での注文を受けたり、ピザをカットしたり
色んな仕事に慣れてくると、インストアの仕事。

 

つまり、デリバリーという形ではなく
ピザを作ったり、お店の中での仕事を任せられるようになります。

 

そういう仕事を任せられるようになるにつれて、徐々に時給が上がっていきます。

 

最初は、デリバリーしかやりたくないと思っていても
実際に働き始めると、意外とインストアの仕事も悪くないな〜って
思い始めるんですよね。

 

お客さんにもよりますが「ありがとう!」という言葉を聞くと
人って元気になるみたいなんですよね(笑)

 

エレベーターがなくても、5階までダッシュで上がることができます。
ピザ屋ホントに面白バイトなので、僕はおススメです!