ピザ屋 キッチンスタッフ

ピザ屋のキッチンスタッフ

キッチンスタッフ

 

今考えてみると、何かを作るということが好きだったように思います。
パン生地からピザを焼き上げるまでの工程のすべを楽しんでいました。

 

材料の仕込み、在庫確認、洗い物、オーダーを受けてからピザを作り
食材を乗せて、焼いて、カッティングしてなど、デリバリーの人が時間内で

 

焼きたてのピザをお届けするという、チームワークの大切さを
学生時代にいろいろ学ぶことができました。

 

スタッフも学生や若者が多かったので
とにかく元気でパワーがあって、みんな仲良くやってました。

 

仲が良かったので、飲み会もよく開きましたし、遊びに行ったり
学校の友人とはまた違う、バイト独特の雰囲気があって良かったです。

 

社会に出てからも、その頃のバイト仲間とのつながりはあり
声がかかることもあって、あの頃のノリを思い出したりして懐かく楽しかったです。

 

バイトはキッチンでの作業が多かったので
料理に興味を持つようにもなりました。

 

卒業旅行もやっぱりピザの国であるイタリアを外すことはなくて
カフェのブームがあっての影響か、イタリア・フランスの旅に行ってきました。

 

向こうでも日本のピザが紹介されていて、丸い形や色んな種類がありアイデア豊富で
綺麗でかつ正確に作られているところが感動しました。

 

イタリアのピザは釜戸焼きで高温で
一気に焼く雰囲気や伝統的なスタイルが魅力です。

 

また、ピザ職人が生地を飛ばしたりしてわっと
お客さんを喜ばせるようなパフォーマンス的な
要素があるところがイタリアらしいと思いました。

 

チーズも豊富で、パスタやトマト料理、シーフード料理と
イタリアンの食の世界をほぼすべてを好きになっていきました。

 

まさか自分がピザ屋でバイトしたことで
ここまでピザが好きになったり

 

イタリアの料理が好きになったりするなんて
想像もしてませんでした。

 

今ではイタリアに毎年行けるように
仕事も貯金も頑張っています。

 

これだけ夢中にさせてくれた、ピザ屋さんのバイトに
凄く感謝をしたいと思います。